ロスミンリペアクリーム 副作用
薬やサプリなどで副作用が起きたという話はよく耳にしたりもしますが、化粧品で副作用が起こるというのは薬やサプリと比べると少ないように思います。

とは言え肌が弱い方や合わない成分が入っていた場合は、化粧品であっても副作用反応が起こることもありますし、いつもは平気でも肌が敏感な状態になっていると副作用反応が起こるなんてこともありますよね。

ロスミンリペアクリームは2017年にリニューアル販売され、化粧品から“医薬部外品”へと変貌を遂げています。

医薬部外品になったことで配合される成分量が変わり、今まで使っていたものよりも効果を感じやすくなった分、副作用が起こりやすくなったということがあるのか気になるところ。

ロスミンリペアクリームを使うにあたっての注意点や、どんな副作用反応が起こりるのかを一緒にみていきましょう。

ロスミンリペアクリームに副作用はある?

ロスミンリペアクリームはシミを防いで、乾燥小じわを目立たなくする薬用の化粧品です。

有効成分アルブチンでシミを防ぎ美白効果をもたらし、有効成分トラネキサム酸で肌荒れを防ぎキメを整えていきます。

年齢と共に気になりだすシミや小じわ悩みをWの有効成分によって解消していくことができます。

目元の小じわやシワのケアだけではなく、首元や手の甲などに使用している方も多く口コミ評価が高いのも特徴的ですね。

ロスミンリペアクリームは肌が弱い方も使用できるような無添加処方になっていることも支持されています。

上記であげた有効成分であるアルブチンとトラネキサム酸は美容好きの方には馴染みのある成分であり、最近ではこれらの成分を配合した商品も増えていますよね。

しかし副作用が起こるとするならば、この2つの成分に注意が必要となります。

アルブチンは肌の漂白剤と言われるほど効果の高いものであり、美容クリニックなどでも治療薬として使用されています。

しかしこの成分が刺激となり、湿疹やかぶれ、赤みや痒みがでる可能性があり、症状が悪化していくと“白斑”と呼ばれる状態になることもあります。

重大な副作用は報告されていませんが、もともとアレルギーがある方や合わない成分がある方、過去に美白作用のあるもので合わなかったことがある方は使用に関して注意が必要でしょう。

どんな注意が必要?

肌が弱い、アレルギーがあるという方は使用前に成分をチェックする必要がありますが、使用時に私たちが気をつけるべきことは用法容量を必ず守るということです。

美白効果のあるものを使うときは、多く塗った分だけ肌が白くなるのでは?と単純に考えてしまいがちですが、定められた容量を使用することで最低限の安全性を確保することができます。

アルブチンもトラネキサム酸も多くの商品に配合されている成分のため危険なことはないのですが、過剰に摂取してしまうことでリスクが高まってしまうということをおさえておきましょう。

ロスミンリペアクリームは、化粧品でなく医薬品でもない医薬部外品という中間層に位置しています。

医薬部外品は一定の濃度の有用成分が配合されていると厚生労働省が認めた商品を指します。

医薬品は治療目的として使用されますが、医薬部外品は予防を目的として使用されます。

化粧品に比べると高濃度の成分が配合されているため効果も実感しやすいですが、その分副作用のリスクが高まるという点では注意が必要と言えるでしょう。

【副作用】ロスミンリペアクリームに副作用はある?注意点は?:まとめ

ロスミンリペアクリームは無添加処方で肌に優しい成分配合になっている一方で、有効成分アルブチンとトラネキサム酸は人によっては注意が必要ということになります。

美白作用のある商品で合わないものがある方や、アレルギーがあるという方は特に注意が必要です。

ロスミンリペアクリームの効果を早く実感したいからといって使用量を増やすということは副作用のリスクを高めてしまうため、必ず決められた用法・容量を守るようにしましょう。

安全に使用してシミや小じわのケアをしていきましょうね。

>>ロスミンリペアクリームホワイト公式サイトはこちら

ロスミンリペアクリーム訴求