レシピスト BBクリーム 色
BBクリームはメイクの時短に便利なので使われている方も多いと思いますが、どんな色を選ぶかで印象ががらりと変わります。

肌の色に合っていない色を選んでしまうと顔がくすんで見えたり、白すぎて顔が浮いているように見えてしまうこともあるので、BBクリームの色選びは慎重に行わないといけません。

レシピストのBBクリームはプチプラで使いやすいと人気がありますが、どんないろを選ぶことができるのでしょうか?

>>【BBクリーム840円】資生堂公式サイトはこちら

レシピストのBBクリームの色は2種類

レシピストのBBクリームは「ライトナチュラル」と「ナチュラル」の2種類の色から選ぶことができます。

日本人の肌に馴染みの良い色となっていますし、薄付きでもしっかりと伸びて肌悩みをカバーすることができるので、きめ細やかな肌を演出することができます。

レシピストのBBクリームを何度も使っている愛用者の中にはより肌に合う色を作るために2種類の色を混ぜて調整されていることも。

紫外線対策もばっちり!

SPF25・PA++が入っているので、日焼け止めをしなくてもいいのも嬉しいですよね。

日焼け止めでSPF50を普段から使用している人もいますが、SPFの度数は高ければいいというわけではなく、海やプールに行くなど紫外線量が強い時にはいいのですが、普段からつけていると肌に負担がかかってしまいます。

逆に毛穴の開きや乾燥の原因になることも。

日常生活を送るぐらいであれば、SPF25で十分なので、レシピストのBBクリームは日常使いにぴったりですよね。

人工香料は入っていないの?

化粧品にはよく人工香料が含まれていますが、香りがきつすぎるとおばさんっぽい印象になってしまいますし、敏感肌だと人工香料に肌が反応し、肌荒れを起こすことも多いです。

レシピストのBBクリームの成分を調べてみると、無香料となっており、人工香料だけでなく、肌に大きな負担がかかるものは含まれていないので、肌が弱い方でも安心して使用することができるでしょう。

副作用が起こる成分は入っていないの?

香料が入っていないだけでなく、レシピストのBBクリームは副作用が起こるような成分は入っていないので誰でも気軽に使うことができます。

しかし、中には成分アレルギーがある人はレシピストのBBクリームに限らず、アレルギー反応を起こしてしまうことも。

成文アレルギーがある方は、いきなり使う前にまずはレシピストのBBクリームに記載されている成分表をチェックし、アレルギーに該当する成分が入っていないかどうか確認してか使ってくださいね。

本当におしろいなしでも大丈夫?

レシピストのBBクリームは商品名のとおり、おしろい要らずのBBクリームなので、仕上げにおしろいをしなくても肌をキレイに仕上げることができます。

しかし、他のブランドから販売されているBBクリームの大半は最後におしろいで仕上げをしないと、ベタつきやメイク崩れを起こしてしまうので、本当におしろい要らずなのか心配になりますおね。

こちらのBBクリームは肌にのせて広げてすぐに肌に馴染んでいき、おしろいをしなくても肌をサラサラにする効果があります。

BBクリームを塗ってからおしろいを塗ると、マットな肌になりすぎてしまうことも多いのですが、おしろいをしなくてもいいので、よりナチュラルにきめ細かい美肌を演出することができるでしょう。

どうしてもおしろいを塗りたい場合は、できるだけ薄く塗るようにしてくださいね。

レシピストのBBクリームは2種類の色から選べるだけでなく、紫外線対策や肌荒れを起こす可能性のある危険な成分も入っていないので、これは試してないといけないですよね。

販売価格もたったの840円で販売されており、プチプラなので新しいBBクリームをお探しの方はぜひトライしてみましょう!

>>【レシピスト3点セット】割引価格で買える!公式サイトはこちら