レシピスト アルコール
一般的に化粧品成分のアルコールは肌に悪いと認識されています。

人気のレシピストの成分を調べてみると、なんとアルコール成分が配合されていることが分かり、今まで化粧品で肌荒れを起こした経験があったり、敏感肌なのであれば、肌トラブルが起こるのではないかと不安になりますよね。

レシピストはアルコールが入っていても、肌に問題は起きないのでしょうか?

レシピストに含まれているアルコール成分

レシピストの成分を調べてみると、エタノールが配合されていることが分かりました。

成分常時ではエタノールといい、正式名称はエチルアルコールといい、アルコールの一種となります。

美容のプロでなくても、様々な美容メディアで「アルコール=危険」とされており、レシピストを使ってみたいけれど、アルコールが入っているなら使用するのは止めておこうと思われている方もいるでしょう。

しかし、本当にアルコールは肌に悪いのでしょうか?

アルコールが本当に危険なのかどうか詳しくご説明しましょう。

アルコールは肌に悪いといわれる理由って?

アルコールの主な作用は抗菌や消毒などの働きがありますが、なぜアルコールは肌に悪いと言われているのでしょうか?

それはアルコールには水分を蒸発する作用もあることから、肌に負担がかかり、肌のバリア機能が弱っていると肌がピリピリとすることがあるからです。

そのため、アルコールが配合されている化粧品なら、敏感肌には使えないと思いこんでいる方も多いです。

確かにアルコールはバリア機能が弱まっている時に使うと肌に刺激が起こることもありますが、そもそも化粧品に含まれているアルコール含有量は少量なので、バリア機能がかなり弱っていなければ問題はありません。

重要なのはアルコールが入っているか入っていないのではなく、バリア機能を低下させている成分は何かということです。

バリア機能を弱まらせる大きな原因は合成界面活性剤です。

合成界面活性剤には水分と油分をなじませる効果がありますが、逆に言えば合成界面活性剤の種類によっては、肌のバリア機能を無理に壊すことになります。

バリア機能が弱っている状態だと少しの刺激でも肌荒れを起こしやすくなってしまうので、敏感肌になる原因にもなるのですね。

レシピストには合成界面活性剤は入っているの?

アルコールだけが肌刺激になる原因にはなりますが、レシピストの成分を調べてみると界面活性剤の「EG/PPG-14/7ジメチルエーテル」が入っていることが分かりました。

それならレシピストを使うのは危険なのでは?と思われるかもしれませんが、この界面活性剤は比較的に肌の負担がかかりにくい成分となっているので、この成分が原因でバリア機能を壊してしまう可能性は極めて低いでしょう。

実際にレシピストを使っている人の口コミを見ても、敏感肌になったり、肌がぴりぴりしたといった声は少なく、大半の口コミで高く評価されています。

「敏感肌でも使うことができた」「前に使った化粧品で肌荒れしたことがあったけど、霊視ピストは大丈夫」といった嬉しい声も多く寄せられています。

ただし、敏感肌でも体調が悪い時に使うとまれに肌がピリピリすることもあるようなので、体調が悪い時は控えるようにしましょう。

アルコール成分は肌刺激がないとは言えませんが、アルコール=悪というわけではありません。

アルコールには肌表面の殺菌や消毒に非常に効果的な成分であり、肌荒れの原因である雑菌の増殖を防ぐ作用もあります。

レシピストにはアルコールが含まれていますが、口コミでも多くの方が効果を実感している化粧品です。

肌が弱くてレシピストを使って本当に大丈夫なのか心配であれば、まずは手首などに塗ってみて肌に変化がないか確認してくださいね。