顔 乾燥 保湿
保湿する方法を変えるだけでも顔の乾燥を治すことはできるのでしょうか?

肌質が悪化する原因は加齢も原因の一つではありますが、最も大きな原因は乾燥だってご存知でしょうか?

シミやくすみ、毛穴の開き、たるみ、シワなど肌老化の原因のほとんどは顔が乾燥していることが原因です。

しかし、自分なりにきちんと保湿しているつもりなのに、どうしても顔が乾燥してしまう…と悩んでいる方も多いですよね。

保湿をする時にちょっとしたことを意識することで、顔の乾燥を改善し、潤い溢れる肌へと導くことができます。

顔の乾燥を治すためには何を変えることで保湿することができるのでしょうか?

お風呂から上がったらすぐに化粧水を!

お風呂に上がってそのままの状態にしておくと、お風呂に入ったことで毛穴が開き、肌が乾燥しやすくなります。

清潔なタオルで水分を優しく拭き取り、3分以内には化粧水を塗るようにしましょう。

よくお風呂からあがって、肌がサラサラになってから化粧水を塗ったほうがいいと思われている方も多いのですが、お風呂からあがってから保湿するのが遅れると乾燥を悪化させる原因となるので早目にケアしてくださいね。

化粧水だけでスキンケアを終わらすのはNG

よく肌がべたつくのが嫌だから、乳液やクリームを塗らずに化粧水だけでスキンケアを終わらせている方がいます。

しかし、化粧水だけだと水分に蓋をするものがないので、化粧水が蒸発してしまい、結果顔が乾燥してしまう原因となります。

美肌になるためには水分だけでなく、油分とのバランスが取れていないと潤ったハリのある肌になることはできません。

化粧水だけで終わらせず、必ず乳液やクリームを塗るようにしてくださいね。

オイルクレンジングは使わない

オイルクレンジングはメイクを落としたと実感しやすいことから人気がありますが、顔の乾燥が気になるならオイルクレンジングは向いていません。

オイルクレンジングは必要以上に皮脂をとってしまうので、肌を乾燥させる原因となります。

また、クレンジング際に注意してほしいのが優しく洗うことです。

力任せにゴシゴシ洗ってしまうと、肌の刺激となってしまい、肌が乾燥するだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こす原因にも。

本当に効果がある化粧品を選ぶ

顔の乾燥を改善し、きちんと保湿するのに大事なのが自分に合った化粧品を選ぶことです。

何となく保湿効果があると書かれているというだけで化粧品を選んでいませんか?

どの化粧品を選ぶだけで、肌の仕上がりは断然変わってきます。

ですが、保湿効果があるとされている化粧品はたくさんありすぎて、どれを選べば良いのか分からないと悩んでいる方も多いですよね。

本当に効果がある化粧品を選ぶポイントとしては、販売している化粧品会社はどこなのか、どんな成分が使われているのか、口コミの評価とこの3つのポイントを抑えて探すと自分に合った化粧品を見つけることができるでしょう。

いくら安くても怪しい会社が販売していたり、口コミ評価が悪いものだと効果を実感できないケースが多いです。

若い頃は何を使ってもさほど効果に違いを感じなかったかもしれませんが、本当に自分に合う化粧品を見つければ、エステに通わなくても理想の肌へと仕上げることができるでしょう。

顔の乾燥を治そうとして、エステに通って一時的に良くなっても、通わなくなればまたすぐに元の状態に戻ってしまいます。

つい癖でやってしまいがちな習慣を変えてみる、どの化粧品を選ぶかで肌の乾燥を防ぎ、しっかりと保湿することができるでしょう。

まずは自分の生活習慣を見直し、肌の奥までしっかりと潤った健康的な肌を目指してくださいね!