顔 乾燥 スチーマー

寒くなるにつれて気になる肌の乾燥。保湿効果をあげようと美顔スチーマーをしているつもりが、使い方を間違えると逆効果になることも!なぜ美顔スチーマーを使っているのに、乾燥肌になってしまうのでしょうか?
MENU

美肌ケアのつもりが逆効果!?美顔スチーマーの間違った使い方は乾燥肌の原因に

美顔スチーマーを使えば、肌はふっくらして、基礎化粧品の浸透力もUPさせてくれます。

 

それだけでなく、くすみやクマの原因の血行不良を改善してくれるなど、近年機能もぐんと良くなっていることもあり、スキンケアには欠かせないマストアイテムになっていますよね。

 

気温が下がるにつれて、エアコンなどの暖房機を使うので、より乾燥を感じやすくなります。

 

そんな時に保湿効果をあげてくれる美顔スチーマーは肌ケアとしては是非使ってほしいアイテムの1つなのですが、実は間違って使ってしまうと、乾燥がさらにひどくなるってご存知でしょうか?

 

美顔スチーマーを使っているのに、なぜ乾燥がひどくなってしまうのでしょうか?

 

その原因と正しい美顔スチーマーの使い方について調べてみました。

 

 

<意外と知らない美顔スチーマーの間違った使い方とは?>

 

美顔スチーマーから出てくるスチームをあてることで、美肌ケアはもちろん、リラックス効果も得られると、就寝前のスキンケアに取り入れられている方も多いですよね?

 

意外と美顔スチーマーを使っている方でやってしまいがちなのが、直接肌にスチームをあててしまうことなのです。

 

美肌効果がより上がりそうなのに、なぜ直接スチームをあててしまうと、肌が乾燥してしまうのでしょうか?

 

スチームを直接あててしまうと、肌表面の水分だけでなく、肌の潤いを保つのに大事な角質層の水分までも蒸発させてしまうのです。

 

この現象を専門用語で「過乾燥」と言います。

 

スチームをあてると、肌がより潤うように感じますが、その水分もすぐに蒸発してしまいます。

 

そのため、美顔スチーマーを使っていても、一向に乾燥肌が改善されないのですね…

 

では、美顔スチーマーはどのように使えば、肌を潤わせ、化粧品の浸透力をあげることができるのでしょうか?

 

 

<メイククレンジング・洗顔をしてから使用>

 

メイクを顔に残ったまま美顔スチーマーを使う地、メイクの残りや外的汚れが肌の奥まで入っていってしまいます。

 

毛穴に汚れを蓄積させ、悪化するとそのまま酸化してしまい、ニキビなどの肌荒れの原因になります。

 

ほとんどの方がメイクを落としてから美顔スチーマーを使用されていると思いますが、きっちりと化粧を落としきれていないのに、そのまま美顔スチーマーを使ってしまう人が意外と多いのです。

 

クレンジング後は洗顔料を使い、W洗顔をして毛穴の汚れをしっかり洗い流してから、美顔スチーマーを使うことで、本来の美顔スチーマーの効果を発揮することができるのです。

 

 

<クレンジングしながらも使える!>

 

クレンジング後に使うやり方もありますが、クレンジング中に美顔スチーマーを使うことできます。

 

蒸気が毛穴を開かせるので、普通にクレンジングするより、しっかりと毛穴の汚れを除去することができます。

 

 

<美顔スチーマー使用後のスキンケアは丁寧に>

 

美顔スチーマーを使っても、その後のスキンケアを怠っていると、すぐに肌の水分が蒸発してしまい、乾燥してしまいます。

 

美顔スチーマーで毛穴を開かせ、基礎化粧品でしっかり保湿することで、潤いある美肌を手に入れることができるのです!

 

 

正しく美顔スチーマーを使うことで、ぷるぷるでキメの細かい肌になることができます。

 

美顔スチーマーは今では種類が豊富で、自分好みのものが見つかりやすいですし、手軽にスキンケアできるので、ぜひ1つは持っておきたいですよね!

 

どんどん気温が下がり、乾燥が気になる季節になったので、まだ美顔スチーマーを持っていない人も手軽にスキンケアできる美顔スチーマーに興味ありますよね。

 

そして、せっかく美顔スチーマーを使っているのに肌が乾燥している…と悩んでいる方は、スチームを直接あてないように気をつけて、正しく美顔スチーマーを使いましょう。

 

>>エリクシールシュペリエルのメイン年齢【20代で使っても大丈夫?】

このページの先頭へ