生理前になると、体調が悪くなったり、イライラしやすくなるだけでなく、顔の乾燥に悩まされる人も増えます。

乾燥を何とか改善しようとしても、生理前は肌が敏感なので、化粧品を変えてしまうと逆に肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

なぜ生理前になると顔が乾燥してしまうのでしょうか?

そして、どうすれば生理前の顔の乾燥を軽減することができるのでしょうか?

生理前の顔の乾燥の原因

生理になると、女性ホルモンのバランスが崩れ、体調不良やイライラ、集中力低下などを引き起こす原因になるのですが、実は女性ホルモンが崩れることで、肌にも影響してくるのです。

生理前になると卵子を育てる子宮膜を強くする作用があるエストロゲンと子宮内膜を柔らかくし、妊娠した際に赤ちゃんを育てやすい環境にするプロゲステロンが増加します。

しかし、妊娠をしていなければ、そのまま生理として外に排出されるので、エストロゲンの量が減少します。

このエストロゲンが減少することで、体内の臓器機能低下や自律神経を乱し、肌細胞の働きも抑えてしまうので、生理前になると体調不良を起こしやすくなったり、肌が乾燥してしまうのです。

特に他の体の部位と比べて、皮膚層が薄い顔はこの影響を受けやすいので、生理前は出来るだけ刺激を与えないように注意してください。

生理前に顔の乾燥を軽減させる方法

顔の乾燥は女性ホルモンが大きく影響していることが分かりましたね。

それでは一体どうすれば、顔の乾燥を軽減することができるのでしょうか?

○大豆イソフラボンを摂取

大豆イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと非常によく似ています。

摂取することで、エストロゲンが減少したことによる体調不良や顔の乾燥を和らげる効果があるので、生理前に近くなったら積極的に大豆イソフラボンを摂取することをおすすめします。

豆腐や豆乳、納豆などに大豆イソフラボンは含まれているので、毎日摂取しても飽きがこないのも嬉しいポイントですね。

しかし、大豆イソフラボンを摂取したからといって、医薬品でないので、即効性はありません。

日常的に意識的に取り入れることが大事です。

○睡眠をしっかり取る

生理前になると「月経前不眠症」になることも多く、自律神経の乱れから、深く眠ることが出来ない、何度も起きてしまう、寝つきが遅いなど軽度の睡眠障害を起こす恐れがあります。

睡眠が不足することで、肌細胞の生まれ変わりが遅くなったり、血行不良になって、乾燥を悪化してしまう原因になるので、深い睡眠を取れる工夫をすることが大事です。

寝る前に温かい飲み物を飲む、お風呂にゆっくり入る、寝る2時間前になったらスマホやパソコンの画面は極力見ないようにするなどし、睡眠をきちんと取れるように生活習慣を改善しましょう。

○症状が深刻な場合は婦人科へ

生理前になると、あまりにも体調が悪くなったり、顔の乾燥がひどくなるようであれば、婦人科を受診されることをおすすめします。

その際に低用量ピルを処方されることが多いのですが、低用量ピルは生理前の症状を緩和する作用があります。

ですが、低用量ピルで気になるのは副作用ですよね…

薬なので、全く副作用が起こる心配がないわけではありません。

個人差はありますが、副作用が起こった人だと、飲み始めの時期は吐き気を起こすこともありますが、飲み慣れた頃には吐き気もほぼなくなってきます。

婦人科に行って、受診しなければいけない面倒さはありますが、生理前の症状が重いのであれば、きちんと医師に診断してもらい、薬をもらうのが確実の症状を緩和させることができます。

生理前の顔の乾燥の原因の多くは女性ホルモンが関係しています。

スキンケアの見直しも必要ですが、まずは生活習慣から改善してみませんか?

症状が重い場合は早目に婦人科に受診してくださいね。