顔 乾燥 皮膚科 薬

どんなに高価な基礎化粧品を塗っても、乾燥が全然良くならない…皮膚科の薬なら顔の乾燥肌にも効果があるのでしょうか?また、どのような薬を処方されるのでしょうか?
MENU

もう絶対乾燥したくない!顔の乾燥肌は皮膚科の薬で治せる?

最初はさほど気にならなかった乾燥も、どんどんひどくなってきて、顔がカサカサに…ここまで悪化してしまうと、普通の化粧品だけで治すのはかなり難しくなってしまいます。

 

ですが、顔が乾燥していると、メイクのりも悪くなりますし、ファンデーションを塗ってもしばらくすると割れてしまっていることも…

 

女性の肌は柔らかく、艶やかというイメージがあるからこそ、カサカサ肌に触るたびに自分に自信がなくなってしまいますよね。

 

昔のように、ふっくらとした潤いのある肌を取り戻したい!…でも乾燥肌で皮膚科に行くというのはちょっと気が引けるし、薬の効果が強そうで副作用の心配も…。

 

乾燥肌で処方される皮膚科の薬とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

<今大注目の保湿薬「ヘパリン類似物質」とは>

 

皮膚科で処方してもらえる顔の乾燥肌を治す薬は白色ワセリンや尿素クリームなどが一般的ですが、最近ではその効果の高さから「ヘパリン類似物質」の処方薬が注目されています。

 

ヒルドイドローションやヒルドイド軟膏などに配合されており、血行促進、保湿、抗炎症作用の効果をもたらします。

 

他の薬より効果を発揮するスピードが早く、今すぐ乾燥肌を治したい!という方にはぴったりの塗り薬です。

 

 

<ヘパリン類似物質には副作用はあるの?>

 

顔に塗るものだからこそ、副作用の心配が極力ないものを選びたいですよね。

 

顔の乾燥肌に効果てきめんのヘパリン類似物質ですが、副作用の危険性はあるのでしょうか?

 

ヘパリン類似物質が含まれているヒルドイドは医薬品に分類されるので、副作用の発生可能率は全くないわけではありません。

 

しかし、ヘパリン類似物質は人間が元々持っている成分に近いこともあり、副作用が起こる可能性はほとんどないと言われています。

 

実際に医療や美容情報サイトで調べてみても、ヘパリン類似物質によって副作用が起こったという方はいませんでした。

 

ただし、過剰に塗り過ぎたり、長い期間塗り続けてしまうと、かぶれを起こす可能性がありますので、適量を塗るようにしてくださいね。

 

また、長く使い続けると、最初はかぶれなくても、徐々にかぶれやすくなってしまうので、あくまでも症状がひどい時に使う用にしてください。

 

 

<傷がある場合の使用はNG>

 

ヘパリン類似物質が含まれている薬を使用する際に1番気を付けなければいけないのが、傷がある部位への塗布はやめてください。

 

ヘパリン類似物質には血行促進する反面、血を固まりにくくする作用があるので、傷口に塗ってしまうと、傷がなかなか治らなくなってしまうので、注意しましょう。

 

 

<ドラックストアや薬局でも買える?>

 

皮膚科に行ったほうが、医師に診断してもらえるけれど、わざわざ皮膚科に行くのは面倒…という方はヘパリン類似物質が含まれている薬をドラックストアや薬局で購入できれば便利ですよね。

 

ドラックストアや薬局でもヘパリン類似物質が含まれているヒルドイドを購入することができます。

 

ですが、皮膚科だと保険が適用されるので負担されますが、ドラックストアや薬局で購入すると、保険を使うことができないので、割高になってしまうのがデメリットですね。

 

 

<赤ちゃんにも使える安心安全な塗り薬>

 

ヘパリン類似物質が含まれている塗り薬は大人の乾燥肌にも効果はありますが、赤ちゃんんにも効果を発揮します。

 

赤ちゃんは意外とすぐに肌が乾燥してしまうので、よくヘパリン類似物質が含まれている薬を処方されることが多いです。

 

赤ちゃんにも処方できる薬なので、肌に優しく、安心して使うことができますね。

 

 

顔の乾燥肌のケアを間違えると肌がガサガサになってしまい、肌を老化させてしまう恐れがあります。

 

ヘパリン類似物質が含まれているヒルドイドで、頑固な乾燥肌を治していきましょう。

 

>>エリクシールシュペリエルのメイン年齢【20代で使っても大丈夫?】

このページの先頭へ